精神的に疲れているときの男女の違い

   

こんにちわ。浅見です。
今回は男女の心理学。
男女の脳みその構造は少し違いがあり、性質も大きく違います。
ご夫婦でケンカが多い方は必見です。
精神的に疲れているときは、男女でこんなにも違います。
以下は、男女の精神的に疲れているときの特徴です。

<女性>
しゃべることで溜まったストレスを解消しようとする。
 
<男性>
無言で無表情になり、静かに考える。
 
( ゚Д゚)。。。
 
 まるで違いますね。
 
それぞれの対策を考えてみます。
 
女性に対しては、とことん話を聞きましょう。その話が全然おもしろくなくても、オチがなくても、全然興味の湧かない内容でも、です。笑。聞いてもらうことが女性にとっては最も心地よい状態。つい結論を求めてしまうのが男の性質ですがだいたい『結論はありません』。ただ、話を聞いてもらいたいんです。 
 
男性に対しては、リラックスできる静かな空間を提供してあげましょう。静かで無言になっている状態は、決して不機嫌なわけでも、怒っているわけでもないです。あなたのことを嫌いで黙っているわけではないんです。ただ、精神的に疲れているだけ。奥さん、旦那が黙っていることに対して、妄想が広がってヒステリックになるなんてやめてください。ペラペラ話しかけまくるのはやめてください。ただただ旦那さんのストレスが倍増していくだけで逆効果です(+o+)。そんな状態のときは、そ~っとしてあげることが男性にとっては最も心地よいのです。
 
 
ただ、すぐ気が付くと思うんですが、夫婦で精神的に疲れているときは両方一緒に成立しないんです。。。
その時々で余裕のある方が、サポートして支えるのがよいと思います。(^^)/
少しでも夫婦のケンカの種が減ることを願います。(;・∀・)

 - 人間関係