自分の「あたりまえ」は他人からは「目から鱗」

   

人にはそれぞれ好きなこと、得意なことがあって、知識・技術をたくさんもっています。

あなた自身もそうであるはずなのですが、

「そんなのもないです」
「自分には何も好きなものがありません」
「何をやっても人より劣っています」

そーやって言う人が多くいると思います。

それは自分の中ではあたりまえ過ぎて、自分ではすごいと思っていないことなんですね。だから見つかりません。

私もシステムエンジニアをしていたときは、周りのメンバーがすごすぎて、自分の能力など全然。。と思っていて、自分があたりまえにできる作業は、他の誰でもできるもんなんだと思っていました。しかし、外の世界にでるとそれができない人がいっぱいいました。しかもなんてたくさんいるんだ。。( ゚Д゚)と驚くほどたくさん。。

よく女性の相談に乗っているときも、誰でも相談くらいできるもんだと思っていたし。(人の話を聞くことのできない人は山ほどいる。。)家の片付けができないのは自分ちの親くらいだと思っていたし。(整理収納の仕事を始めたら、全国に自分ち以上の家はめちゃくちゃ存在することに気づく。。)

自分であたりまえだと思っていること、あたりまえにこなしていたりすることは他人にとっては貴重なことや、驚くべきことだったりするわけで、その知識、技術を欲しがっている人は五万といるんです。

会社で新人が入ってきたときに、自分の仕事ぶりに「ひょえ~!先輩すごい!」と言われても「こんなのあたりまえだろ」って返しますよね?

それです。笑

それが自分ではあたりまえと思っていることが他人からは「目から鱗」だったり「衝撃」だったりするわけです。

なので私が言いたいのは

「あなたのあたりまえを、世の中にどんどん提供してください」

ということです。そうすればみんなが助かるし、あなたもみんなのあたりまえだと思っているすごいことを受け取れます。


例え仕事場で輝いていなくても、何年も家で引きこもっていても、ずーっと働かずにプラプラしていても、友達が一人もいなくても、コンプレックスだらけでも、何かのことに必ず長けていて詳しいことがあるんです。(その境遇だからこそ詳しいこととか必ずある。)

自分にとってはあたりまえすぎて気が付かないんですが、俯瞰的に考えてみたり人に聞いてみたりするとけっこうみつかったりするもんです。

本当は自分の価値が高いことに、気付くことができますよ(^^♪

 -